葬儀の仕方

葬儀の簡素化が顕著になっている

葬儀は地方によってやり方が異なりますが、どの地域でも昔ほど大段取りでやることは少なくなっています。一部の地元の名士を除いて葬儀の規模は縮小しています。一般的には家族や親族だけで葬儀を行う家族葬が圧倒的に多くなっています。参列者を断らない葬儀でも香典や生花を辞退するケースが多くなっています。香典返し等の煩わしさを避けることが出来るからです。葬儀の規模が小さくなっているので、費用も掛からなくなっているので特段香典などを集める必要が無くなっているのだと思われます。最近の傾向としては無くなった本人の意向で葬儀を執り行わないで直接斎場で荼毘に付してしまう直葬という形をとることもあります。こうした場合は墓も造らず散骨を希望する例もあります。

家族だけで送ること方が気兼ねがない

葬儀は故人の最後の晴れ舞台ですからいろいろな工夫をして見送ることが大事です。大勢で送ることが故人の喜びとも思えません。親しい人だけが集まって心を込めて見送りをすることが最も理想的な葬儀だということが言えます。以前は遺族の会社関係者が全く故人を知らないにも拘らず義理で集まって賑やかに精進落しの席に参列することが一般的でした。遺族はその対応に忙しく心から故人を見送ることが出来ませんでした。最近の傾向では多くの葬儀が参列ばかりでなく、香典や生花の届けも辞退することでも実施されています。斎場に一緒に行く人の数も限定的になっていますので、遺族も気忙しくなることはなく、最後の別れを気兼ねなく行うことが出来るようになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加