葬儀費用を抑える

葬儀費用を低く抑える方法について

葬儀が人生の最後を飾る重要なイベントであることは確かですが、結婚や出産などのように、その後に続くものがあるわけではありません。新たに生み出すものが何もないイベントに高額の費用をかける意味があるのだろうかと疑問を感じる人が少しずつ増えてきています。この葬儀費用を少しでも低く抑えたいと考えているのであれば、規模の小さな葬儀を行うようにするのが一番です。弔問客の人数を少なくすることができれば、広い会場を借りる必要がなくなります。また、通夜ぶるまいなどの接待費も節約することができるようになりますので、トータルでかかる費用をかなり安く抑えることが可能になります。

家族葬を営む人が多くなってきました

ここ数年目立つようになってきているのが、家族葬という名前の葬儀を執り行うケースです。家族葬は、その名が示している通り、家族を中心にこじんまりとした規模で営む葬儀です。ただし、家族葬の正式な定義のようなものはありませんので、実際の葬儀の規模はケースバイケースになっています。本当に家族だけで故人の見送りを済ませるケースもあれば、家族と親戚が集まって最後の見送りを行うというケースもあります。また、家族や親戚だけでなく、故人が生前親しく付き合っていた友人や知人も呼ぶケースもありますので、まさに千差万別になっています。ただし、訃報を伝える範囲を限定しますので、儀礼的な弔問客の来訪を避けることができるようになります。余計な気遣いをする必要がなくなるため、家族葬を営む人の数が多くなってきています。

このエントリーをはてなブックマークに追加